S   A   I 

STRUCTURE

 

SAIは「コンペティション」と「エキシビション」の二本柱となっています。

前者での作品を磨きあげ、翌年後者で再び上演することで完成度を高めます。これこそ書類審査で選ばれるのではない、新進舞踊家の発掘・育成に繋がるSAIの特徴的な構造であると考えています。
まず、「コンペティション」は、日本の舞踊家を発掘・育成する場として、全国からの応募作品をすべて上演、7つの受賞作を選定します。

次に、「エキシピション」は、国内外の交流促進の場として、上記の受賞作と海外招待作が一つの舞台で上演します。

これら二つの構造の中から、いくつの作品が海外に招待される仕組みです。2017年は韓国2、福岡2、北九州1と5作品が招待され、2018年は、韓国7、中国2、フランス1と10作品が8か所、2019年はフィンランド5、マカオ3、韓国6、香港1、福岡1と16作品が10ヶ所の国際フェスティバルに招待されました

SAI 2019 Competition

応募作品募集及び競演

受賞作品選定  

SAI 2020 Competition

応募作品募集及び競演

受賞作品選定  

SAI 2020 Exhibition

2019受賞作・海外招待作共演

​ディレクターによるセレクト

SAI 2021 Exhibition

2020受賞作・海外招待作共演

​ディレクターによるセレクト

SAI 実行委員会 E-Mail    saidancefes@gmail.com              Web    http://saidance.com