First Prize (Solo)

​photo by bozzo

Juliet

 

振付・出演:江上 真子

Choreographer・Performer:Egami Mako

 

「悲劇のヒロイン症候群」というのがあるらしい。自分の不幸を周囲にアピールし、同情されることに快感をもったり、自分の不幸話を実際にあったことより大きく話を膨らませてしまい、より不幸で可哀想でありたいという症状。

同情は甘くて切ない。

It is said that there is "the tragedy's heroine syndrome" in the world.

It means that she tries to impress others with her unhappiness to win the sympathy, and that she exaggerates it to be seen poorer.

The sympathy is painful sweet.

 

Profile

日本大学芸術学部洋舞コース卒業。<903 DANCE STUDIO>バレエ、キッズダンス、コンテンポラリーインストラクター。多数の舞台をふみ、新しい自分との出会いを楽しんでいる。

2016、2017 横浜ダンスコレクション コンペティションⅡ「奨励賞」

SAI DANCE FESTIVAL 2018 CONPETITION 「優秀作品賞 ソロ部門 」

セッションハウス・アワード2018「チャレンジ賞」

I graduated from the Western-style dance course, the Department of Arts at Nihon University.

〈903 DANCE STUDIO〉I am an instructor of Ballet, Kids-dance, and contemporary-dance.

I take a lot of stages, and I enjoy an encounter of new myself.

2016, 2017 Encouragement Prize, Yokohama Dance Collection.

2018, Excellent work prize in the category of solo dance at the SAI DANCE FESTIVAL .

Challenge prize,Session-house Award 2018.