Jury Prize(group)

​photo by bozzo

心情~雨ときどき狂い~  

Feeling~Rain sometimes Madness~

 

振付・演出:大和

出演:澤村 亮、垣花 克輝、藤井 舞香、鈴木 悠華

小道具:鈴木 千佳子、衣裳:谷口 知也、ヘアメイク:石橋 宏基

Choreographer・Director:YAMATO

Performer:Sawamura Ryo, Kakinohana Katsuki, Fujii Maika, Suzuki Yuuka

Props:Suzuki Chikako, Costume:Taniguchi Tomoya, Hair Make:Ishibashi Hiroki

 

一度失い欠けた夢を自らに問いかける。非現実世界。「本当にここが限界なのか?」辞めようと思ったときに、今までのことがフラッシュバックする。楽しいこともあれば、もちろん辛いことも。「自分は本当に限界までやりきったのか?」狂ってしまうぐらい思いっきりやってみよう。その先に言える景色は今まで見ていたものと違うはずだから。

Ask myself for the dream which I was about to lose. The unreal world. “Is this all I can do?”

The memories return to me like a flashback when I am going to quit. Not only fun but the hardest time. “Have I done all my best?” Just do it even if it drives me crazy.Then I’ll find something different.

 

Profile

マイケル・ジャクソンに憧れ、18歳でLAにストリートダンスを学びに渡米。2007年Santa Clara Dance Competition グループ部門総合優勝、2008年Urban Jam Dance Contest 全米決勝ストリートダンスデュオの部1位を獲得。帰国後、バックダンサー、ダンスモデルなどを経験して「踊りも演技」だと感じ、芝居を学び俳優としても活動する。

現在、ダンサー、俳優の活動をしつつ振付家としても映画やアーティストの振付に参加。また振付作品が海外に招聘され観客を魅了した。芝居経験からただ踊るだけでなく感情の流れも大切にしている。2017年 埼玉全国舞踊コンクール創作部門第2位。2018年 ダンスサミットインジャパン ベストパフォーマー賞。South Borneo Art Festival(インドネシア) 招聘作品。

Moved to Los Angeles at 18 years old to learn Street Dancing after being influenced by Michael Jackson. 1st place in Santa Clara Dance Competition Group Division in 2007. 1st place in the Urban Jam Dance Contest Street Dance Duo division in 2008. After returning to Japan, I learned that “dance is an act” thorough my experience as a back-dancer and dance model; to which I started to study acting and theatre. Currently working as a choreographer while dancing and acting. My choreography and work has captured the eyes of audiences across the ocean; not just dancing, but putting an emphasis on emotion.

2017 Saitama National Dance Competition Creative department 2nd prize

2018 Dance summit in Japan Best performer prize, South Borneo Art Festival 2018 Invitation performance(Indonesia)