SAI 2019 COMPETITION Grand Prize

Photo by bozzo

Monkey in a diaper 

振付・出演:下島 礼紗  

Choreographer・Performer: Shimojima Reisa

 

栗本慎一郎・著『パンツをはいたサル』には、”ヒトはサルが余分にパンツをはいた生き物だ”と書いている。ヒトはパンツを履いてそれを脱いだり、脱ぐ素振りで誰を誘ったり、おかしな行動をシステマティックにとっている。そのことから、性行動・法律・道徳・宗教などを「パンツ」という表現に置き換えてヒトの行動を説明している。だがどうだろう、私はまだ「オムツ」を履いている。脱ぐときは、取り替えるときだけ。私は人間なのか、サルなのか、どちらでもないのか。いつかは人間らしく厳かなパンツを履いて、誇らしく脱ぎ捨てながら死ぬのが私の夢だ!厳しい

Writer Shinichiro Kurimoto says human being is a monkey wearing extra underpants. It is written to Homo sapiens that she is not only a monkey undressed, but also the animal takes on or off her underwear and invites a male by the behavior of taking off her panties. As such, she takes the strange action systematically. Kurimoto explains an action of the Homo sapiens by replacing a sexual behavior, a law, morality, religion with expression, "the underpants”. How am I, then? I still wear diapers.

In other words, I wear the underpants which is not allowed to be taken off for a long time. I take a diaper off just when I exchange it for a new one. But in fact, I think this to be comfortable. Am I a human being? A monkey? Or neither? I am dreaming of putting on the solemn underpants like a human being someday. And it is my wish that I may end my life while throwing off my underpants gloriously. Now at first, I will try to wear underpants on this fictitious stage.

 

Profile

1992年生まれ。鹿児島県出身。7歳より、鹿児島にてダンスを始める。ジャズダンスやよさこい踊りを中心に活動。桜美林大学に入学し、大学にてコンテンポラリーダンスを木佐貫邦子に師事。これまで、木佐貫邦子、伊藤千枝、近藤良平(コンドルズ)、上村なおか×笠井瑞丈等の作品に出演。2013年にダンスカンパニー〈ケダゴロ〉を結成し、全作品の振付・演出を行っている。ソロ作品『オムツをはいたサル』は、横浜ダンスコレクション2017コンペティションⅡにて、最優秀新人賞、タッチポイントアートファウンデーション賞を受賞。その後、国内外10ヶ所のフェスティバルで上演。