SAI 2019 

COMPETITION

JURY MEMBER

​※ 審査員予定

        ユク・ワンスン

  (陸 完順、Yook Wansoon)

  SCF(Seoul International Choreography Festival)

  芸術監督

(社)韓国現代舞踊振興会理事長

(財)国立現代舞踊団名誉理事長

(社)韓国ラインダンス協会会長

  陸完順舞踊院芸術監督

        ウィリー・ツァオ 

      (曹誠淵、Willy Tsao)

 

城市当代舞踊団(CCDC)芸術監督

北京雷動天下現代舞団芸術監督

北京ダンスフェスティバル芸術監督

香港シティコンテンポラリーダンスフェスティバル芸術監督

1979年に城市当代舞踊団(CCDC)を設立し、1989年に芸術監督に就任。同時に、中国の二大ダンスカンパニーであるCCDC、北京雷動天下現代舞団をも率いている。中国でもっとも多作な振付家であり、哲学や歴史、京劇からチャイニーズロックにいたるまで、中国文化全般から広くインスピレーションを得て制作されるその作品は、国内外で上演され、コンテンポラリーダンスの発展に計り知れない貢献をしている。

            チェ・ ドゥヒョク

    (崔 斗赫、Choi Duhyuk)
 

大邱国際舞踊祭総演出
啓明(ケミョン)大学舞踊学科教授
韓国舞踊協会 大邱支会 副会長
韓国現代舞踊協会理事

元大邱市立舞踊団芸術監督及び常任振付家 

 

         リーサ・ノジョネン  

       (Liisa Nojonen)

 

 Full Moon Dancer Festival Director

 Master teacher

 Choreographer/JOY OF DANCE OY

 International Advisor of PDC

            ダニエル・ユン  

             (Daniel Yeung)

キュレータ、振付家、ダンス評論家。香港中文大学で美術を専攻、中国音楽のマイナーを取得。独学でダンスを身につけ、奨学金を得てオランダとロンドンで振付を学ぶ。ヨーロッパの年鑑・BalletTanzでは注目すべき振付家として脚光を浴び、2002年には香港芸術振興協会からライジング・アーティスト賞を授与された。自身の作品は、香港ダンス同盟主催の香港ダンス賞を6回に渡り受賞、南華早報の年間五大優秀ダンス作品に2度選択された。長年に渡りキュレーション、振付、公演、そして教育を通して香港のダンスシーンを作った功績が認められ、2013年には香港芸術振興協会から最優秀ダンスアーティスト賞を受賞した。

            ツツミ・ヒロシ  

   (堤 広志, Tsutsumi Hiroshi)

 

        舞台評論家

SAI 実行委員会 E-Mail    saidancefes@gmail.com              Web    http://saidance.com