SAI 2019 COMPETITION Jury Prize (solo)

Photo by bozzo

Athletic Buildbio solo dance ver. 

振付・出演:好光 義也  

Choreographer・​Performer:Yoshimitsu Yoshiya

 

本作は、好光義也(劇団速度)と映像・音楽を中心としたパフォーマンスを行うユニット<コント>のコラボレーション作品です。注意散漫な意識、じっとすることが苦手な身体というお互いの持つ問題を出発点に、音楽とダンスのジャンルを扱う二組のアーティストがダンス作品を作ります。今回はSAIのために10分間のダンスソロとして編集したものを発表します。

This is a collaborative work with Yoshiya Yoshimitsu (Theatre Sokudo/Kyoto) and music and video artist group “Konto”(Osaka,Kyoto). From the beginning of this project, we found we have distracted minds and hyperactive bodies in common. This is the start point of us. In the performance, the dancer’s distracted and hyperactive body will be transformed from dancing body to listening to and plyaing music body. For SAI Dance Festival 2019 Competiton, it will be performed as a short edited solo version.

 

Profile

1994年生まれ、滋賀県旧志賀町出身。演劇、ダンス、アニメーション、陶芸などのアーティストを擁したアートコレクティブ<劇団速度>のメンバーとして活動。2015年<Machol Shalem Dance House>(イスラエル)での研修をきっかけにダンスを始める。ダンスをヤザキタケシ氏、ハイディ・ダーニング氏に師事。日常の周りにある問題をダンスを中心とした芸術表現にずらすことに注目して作品を制作している。