SAI 2019 COMPETITION Jury Prize (solo)

190517173357.jpg
0517_I42YOSHIYA.jpg

Photo by bozzo

yoshimitsu.jpeg

Athletic Buildbio solo dance ver. 

振付・出演:好光 義也  

Choreographer・​Performer:Yoshimitsu Yoshiya

 

本作は友人との会話をきっかけに、作家自身の注意散漫な傾向やタガの外れたような身体運動を観客に提示出来ないかという問題意識の元作られた。普段の日常生活では不利に働くことの多いハイパーアクティブな身体は、スポーツにおける知覚、認知とその出力としての身体運動と親和性がある。本作では舞台上にそのような身体を置くためのトレーニングサーキットを用意した。出演者は音を聴く、音に反応する(踊る)、音を発する作業をせわしなく行き来して行う。

「歌って踊れて楽器も弾けちゃう無名なダンサー自身を皆さんに知っていただくためにお披露目すると同時に、作業に没頭する身体を見つめ耳を傾ける時間を共に過ごせればいいなと思います」

“How shall I share my hyper-active body and Distracted mind?” with this question I started this work. Hyper-active bodies would have affinity with sportive ones. It deals with information of perception and movement. In this work I set up a training session on the stage for my body. You can see the body which concentrates on works (-out).

“This is also a self introduction of mine. I, an infamous dancer but multi-skilled will listen to, dance with, play the sounds on the stage.”

Profile

滋賀県生まれ。2020年京都市から茨城県取手市に移住。2015年Machol Shalem Dance House (イスラエル)でのインターンシップをきっかけにダンスを始める。ダンスをヤザキタケシ、ハイディ・ダーニングに師事。また京都に訪れた様々な振付家のワークショップや作品に出演や制作補助、通訳等で参加し研鑽を積む。物・音と観客との間に自身の身体を介入させる作風が特徴。2017年より自作を作り始める。同志社大学文学部美学芸術学科卒業、東京藝術大学美術研究科在学。

Born in Shiga Prefecture. Moved to Toride City from Kyoto City in 2020. In 2015 the internship in Machol Shalem Dance House (Israel) was the start of my dance career. Studied under Takeshi Yazaki and Heidi Durning in Kyoto. And learned in participation in the works of some artists and  choreographers(Luis Garay, Michael Maurissens, Marcelo Evelin, Alan Michal,Miriam Lefkowitz, Masahiro Miwa, Meiro Koizumi...etc).

Graduated from Doshisha University (Art History and Esthetics). Studeis in Tokyo Univercity of the Arts(Inter-Media).

Japan.png